マリッジブルーというのは、圧倒的に女性がなりやすいと言われています。
それは、一般的に、「男性が女性にプロポーズをして結婚を決めることを伝えられるから。」だと言われています。

男性諸君は心配しなくていいなと安心されている方、注意してください。
実は、男性にもマリッジブルーになるおそれがあるのです。

では、男性はどんな理由でマリッジブルーになってしまうのでしょうか?

①結婚式までの不安
・結婚のイメージがもてないことによる不安。
・結婚式までにどのような準備をしておけばいいのか不安
・仕事が忙しい上に結婚への準備も忙しいために、ゆとりをもてないことでのストレスによって、結婚が面倒だったり八つ当たりしてしまう。など

②結婚後を考えた上でのプレッシャー
・自分が一家の大黒柱で色々な面で本当に家族を支えていけるか不安。(自分の家庭をもつということへの不安)
・経済的な支援が一生できるか不安。
・仕事と家庭をもつという両立ができるか不安。

③独身生活への未練
・自分1人だったら、どうでもよかったけど、家族をもつときちんとした生活習慣を送らなければいけないなど自由が制約される。
・自分の好きなものを買ったり趣味に費やす時間と費用がなくなる。

といったものです。
特徴としては、自分が家庭を持つということに対するプレッシャーによってマリッジブルーになる傾向が強いようです。

相手への不満でマリッジブルーになる傾向は極めて小さいようです。
というのも、プロポーズ前に男性は別れる傾向が強いですので、プロポーズしたら男性は余程のことがなければ、相手(女性)を嫌がるということは少ないからなのです。